ヨークシャーテリアの全情報と全知識

ヨークシャーテリアの起源と歴史

投稿日:2018年1月19日 更新日:

犬種の改良の中で現在の「動く宝石」と言われるヨークシャーテリアは、どのように今のような綺麗なシルキーコートをまとったエレガントな犬が作られてきたのでしょう。

ヨークシャーテリアの起源と歴史をひも解いてみましょう。

ヨークシャ-テリアショードッグ、

1 犬の起源と歴史

オオカミ、ヨークシャーテリアの歴史の前に簡単に犬の起源と歴史について知っておきましょう。

  • 犬と人間の関わりは、とても古く2万年とも6万年ともいわれています。
  • 人類の住んでいる洞窟などに残飯をあさりに来た犬の先祖が、他の肉食獣が近づくのをいかくして吠えて教えてくれたり、犬がいると夜も安心して寝られることに気づいた人類が、積極的に餌を与えることから関わりがはじまったといわれています。
  • 犬と暮らすようになってから人間は犬の良く聞こえる耳、夜でも見える目、遠くの匂いも嗅ぎ分けられる鼻、どこまでも獲物を追いかける強じんな体力、何より人間に寄り添う優しい心に気づき、犬は色々な目的のために改良されていきました
  • 犬の純血種というのは、もともと野生にいたものではなく人間が何世代もブリーデイングすることで作りあげてきたものです。
  • 現代社会においては、昔のように犬は仕事を手伝うパートナーではなく家族の一員として「いやし」の役割を求めるように変わってきています。

2 ヨークシャーテリアの起源と歴史

ヨークシャ-テリア成犬、

そんな犬種の改良の中で、ヨークシャーテリアという犬種はどのような用途で作出されてきた犬種なのでしょうか。動く宝石と言われるシルキーな被毛をまとったこの可愛らしい犬種がどのような犬種から作られてきたのかは、ヨーキーファンなら誰でも興味のあることではないでしょうか。

2-1  ヨークシャーテリアが作られるのに関わったと言われる犬種

ヨークシャーテリアは、130年ほど前にイギリスでスコットランドにいるテリアの血を主体に、色々な犬種を交配することで作られたといわれています。

マルチーズ子犬、

  • 古代のブラック&タン・イングリッシュ・テリア(絶滅犬)、スコットランドのスカイ・テリアとクライスデール・テリア(絶滅犬)が深く関わっているといわれています。
  • クライスデール・テリアは、絶滅犬のため存在しませんがスカイ・テリアをショードッグとして華やかなものにするために作られた犬種といわれています。
  • スカイ・テリアのコートが堅いのに対し、クライスデール・テリアはシルクのようなしなやかなコートをまとっていたそうです。
  • エアデールテリア成犬、他にもダンディ・ディモント・テリア、現在のテリアグループ最大のエアデール・テリアとも共通の祖先が共通しているともいわれています。
  • サイズダウンとコートの改良にマルチーズも使われているといわれています。ヨークシャーテリアの子犬は、産まれたばかりの時には胸と足先に白い毛が入る事があることから納得させられます。
  • マルチーズ以外は、決して小さな犬種ではないので、これらの犬から現在のヨークシャーテリアのようなコンパクトなシルキーコートの綺麗な犬が作られたことを想像すると、純血種が作られる歴史はとても興味深いものだと感じます。

ワンポイントアドバイス

 

ヨークシャーテリア可愛い子犬、

エアデール・テリア、マルチーズは、皆さんご存知だと思いますが、スカイ・テリア、ダンディ・ダイヤモンド・テリアも機会は少ないですがドッグショー会場で見ることができます。どんな犬種からヨークシャーテリアが作られたのかという視点で、ドッグショーを見てみるのも楽しいかもしれません。

2-2  ヨークシャーテリアが作られた目的

ヨークシャーテリアに作られるまでについて、正しいことははっきりと分かりませんがヨークシャー地方のウェスト・ランディングの織工達によって作られたのは確実なようです。犬種名もこの地方の名前から付けられました。

ねずみ、

  • ヨークシャーテリア作出の動機は、鉱山の坑道を荒らすネズミの駆除のために、小型で小回りの利く、気性の荒い色々な穴居獣用テリアを掛け合わせてネズミ駆除用のワーキング・テリアを作ることでした。
  • 工夫達のネズミ捕りゲームの賭けにも使われていたそうです。現在の可愛いヨークシャーテリアの姿からは、簡単に想像ができない目的のために作られた犬種だったことに驚かされます。

2-3  現在のヨークシャーテリアにいたるまでの歴史

ヨークシャ-テリアショードッグ、

 

  • その後、小さく絹糸のように輝く被毛の綺麗さが織物職人の織姫たちの目に留まりアクセサリー的な愛玩犬として流行し、益々綺麗な犬へと改良されていきました。
  • その後、イングランドへ渡ったスコットランドの織物職人の連れていたシルキーコートの綺麗な犬に魅せられたイングランドの愛好家により、ますますアクセサリー的な抱き犬(マフといわれる手袋の代わりの抱き犬)として改良されました。
  • ビクトリア朝の後期には、貴族や富裕層の婦人たちのペットとして流行し、今では世界中の国で愛されトップ10にはいつも入る人気犬種となりました。

2-4  日本におけるヨークシャーテリアの歴史

ヨークシャ-テリア成犬、

  • 日本にヨークシャーテリアが入ってきたのは、第2次世界大戦後の1950年代と言われています。
  • その後熱心な愛好家によって、日本でも必ずトップ10に入る家庭犬として広く愛される犬種になりました。

-ヨークシャーテリアの全情報と全知識
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヨークシャーテリアの季節ごとの健康管理のポイント

ヨークシャーテリアの季節ごとの健康管理のポイントをまとめさせて頂きました。 体が小さくてシングルコートのヨークシャーテリアは、季節の変わり目などに体調を崩しやすくなります。飼い主さんの早め早めの心掛け …

知っておきたい購入場所ごとの特徴

ヨークシャーテリアを探すとき、日本ではペットショップ、ブリーダー、保護犬団体の3つが主な迎え入れ先になります。それぞれの購入場所の特徴をご紹介します。 この記事の目次1 ペットショップの特徴2 ブリー …

ヨークシャーテリアを飼っていた有名人

知っておきたいヨークシャーテリアの「犬種」としての特徴

ヨークシャーテリアの作られた目的は、現在のヨークシャーテリアの可愛らしい姿からは想像ができないような気の荒いネズミ取り用のワーキング・テリアとしてからでした。 現在のヨークシャーテリアは、ペットとして …

ヨークシャーテリア子犬

なぜヨークシャーテリアの子犬を飼う前に良く検討することが大切なのか?

みなさんはヨークシャーテリアを飼う前に、良く検討してから迎え入れていらっしゃいますか? 飼う前に良く検討されていらっしゃる方がほとんどだとは思いますが、よく検討することの大切さを理解しないまま迎え入れ …